FC2ブログ
プロフィール

穴川花園幼稚園

Author:穴川花園幼稚園
おやおや相談室ブログ

月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
み~つけた!
◇世界は続くよ どこまでも

 年少組の男の子たちが二人で話をしていました。どうやらお手紙が届いた設定で、読みあっていたようです。

 「○くんからおてがみがとどいたよ。『おやすみしてるけど、げんきになったらいくね。ばいばい。』」
 「○○せんせいからおてがみがとどいたよ。『あしたもあそぼうね。ばいばい。』」
 そして、なんとショベルカーからも届きました。「『おやま、こわしちゃってごめんね。なおしとくからね。ばいばい。』」
 

 そのやり取りに、感心してしまいました。体験したことや見聞きしている現実の世界と、想像を膨らませて思い描いた空想の世界を、上手に行き来しているのですね。
 こんな風に、お子さんのつぶやきに、そっと耳を傾けてみると、案外いろんなことを知っていたり、友だちや遊びが広がっていたり、好きなことや苦手なことが分かったりするかもしれません。どんな世界が広がっているのか、わくわくしますね。
未分類】 | top↑
12月の開室予定
サロン 2(月) 16(月) 10:30~11:30  ・外靴を入れる袋をご持参ください。

個人相談 3(火) 12(木) 10:00~11:30  ※要予約
未分類】 | top↑
おやこ de  運動あそび!
(パソコンでご覧になる方は、写真をクリックすると、大きく見られます。)

とても気持ちがいい秋晴れのなか、カワイ体育教室の濱田真里江先生を講師にお招きして、『おやこdeDo!』が行われました。


まずは、よく体をほぐしましょう
IMG_6625.jpg

IMG_6627.jpg

IMG_6632.jpg

IMG_6634.jpg



まっすぐの棒になって、前や後ろ、横に倒れます。大人は、しっかり支えてあげてくださいね。
IMG_6640.jpg

IMG_6641.jpg

IMG_6642.jpg

IMG_6643.jpg

この動きは、体幹を鍛えるのに効果的なのだそうですよ



手を後ろに引いて、反対の手を前に押し出す。これを繰り返すことによって、腕を振って走れるようになるんですって
IMG_6658.jpg

IMG_6652.jpg



2人で背中をつけたまま、ゆっくりしゃがみます。体を支えるには、脚やおなかの筋力が必要なのですね。
IMG_6667.jpg

大人も挑戦
IMG_6669.jpg

IMG_6670.jpg



じゃんけんに負けたら、手押し車で歩きます。両手で体を支えるのは、案外難しいようです
IMG_6672.jpg

IMG_6673.jpg



子どもVS大人でじゃんけん対決3回勝つまで、いざ勝負
IMG_6676.jpg

IMG_6677.jpg

IMG_6679.jpg



動物に変身しながらおひっこし。上手にまねっこできるかな

IMG_6681.jpg


IMG_6682.jpg


IMG_6684.jpg


幼児期の動きに大切な、走る動きを取り入れた運動遊びを教えていただきました
線まで来たらそこで止まります。速さではなく、[走る→止まる]の動きを体で体得します。
IMG_6686.jpg



足を細かく刻みながら走ります。足を素早く動かすその動きが、速く走ることにつながるそうです
IMG_6695.jpg

IMG_6697.jpg

さて、その効果が現れるでしょうかいちについて、よ~いどん
IMG_6701.jpg

IMG_6704.jpg

IMG_6707.jpg

IMG_6709.jpg



体のあらゆるところを動かして行うパラバルーン。今日は、みなさんに体験して頂きました。
年少おやこチーム
IMG_6721.jpg

年中&年長子どもチーム
IMG_6727.jpg

大人チーム
IMG_6733.jpg

IMG_6738.jpg


最後に、まりえ先生が、実技指導しながら皆さんからの質問に答えてくださいました。
IMG_6748.jpg

IMG_6758.jpg

IMG_6772.jpg



【参加者の感想より】
「道具や遊具がなくても、こんなに楽しく遊ぶことが出来るのだと、改めて感じました。
「後から来た筋肉痛にびっくりしました。子どものことを尊敬しました。
「日常の動作のなかに、体を動かすことが好きになったり、体幹を鍛えたり、筋力をつける秘訣があるのですね。勉強になりました。


未分類】 | top↑
おやこ de Do!【『くるりんおもちゃ』を作ろう!】レポート
(パソコンでご覧になる方は、写真をクリックすると拡大して見られます。)


今回は、身近にあるものを使って、回るおもちゃを作ります。
講師の先生がお手本に見せて下さった『くるりんおもちゃ』に、みんな興味深々
さっそく作ってみましょう


まずは、紙皿のまわりを鉛筆でなぞって、その形に切り抜きます。
IMG_6343.jpg

IMG_6347.jpg

IMG_6350.jpg


丸く切れたら、扇形に折って、要の部分を少し切ります。
IMG_6353.jpg

IMG_6356.jpg



あいた穴を目印にして、紙皿の真ん中に印を付けます。
ここがずれると、上手く回らなくなってしまうんですって
IMG_6359.jpg

IMG_6364.jpg

IMG_6362.jpg



印のところに、ペットボトルのふたをボンドで付けます。つまようじで丁寧にぬりましょうね。
IMG_6369.jpg

IMG_6371.jpg


くっついてるかなぁ~
IMG_6374.jpg

IMG_6372.jpg



色を選んで、たこ糸の両端にビーズを通します。
IMG_6376.jpg

IMG_6378.jpg

IMG_6379.jpg



切り紙を作ります。どんな形になるのか、開いてみてのお楽しみ
IMG_6387.jpg

IMG_6392.jpg

IMG_6390.jpg



切った折り紙に、透明折り紙を重ね合わせて、紙皿にはります。
選んだ色や切り方によって、いろんな模様になるのですね
IMG_6404.jpg

IMG_6398.jpg

さすが小学生。じっくり考えながら貼り付けています。
IMG_6405.jpg


真ん中に貼ったペットボトルのふたに、たこ糸をまきつけると・・・あらふしぎくるくるまわっちゃう
みんなはどんな作品ができたのかしらそれでは、『くるりんおもちゃ』発表会はじまりはじまり
IMG_6408.jpg

IMG_6410.jpg


最後に、先生がお勤めされている、東京おもちゃ美術館で人気のあるおもちゃを紹介して下さいました。
IMG_6414.jpg

IMG_6417.jpg

みんなでつないだ手から手に、くるくる回りながら移っていくリングが、とってもきれいでした



たくさんある中から色を選んだり、出来上がりをイメージしながら切り貼りしたり、指先まで使って丁寧に作ったりすること。
幼児期には、そういった経験が大切なのだなと、改めて感じました。
ご家庭や幼稚園でも、子どもたちにたくさん経験させてあげたいものですね。





未分類】 | top↑
み~つけた!
◇ちいさい秋 み~つけた!!

 「柿が赤くなった!」「バッタがあまりいなくなったね。」「今日は長袖のお洋服にしてきたよ!」
 こんな風に、子どもたちは、毎日の中で、季節が変わってきたことを感じているようです。

 原体験(げんたいけん)という言葉があります。『記憶の底にいつまでも残り、その人の人格形成や行動の方向づけに大きな影響を与える、幼少期の体験』なのだそうです。
 今は、インターネットで、ある程度の情報を知ることが出来ます。もちろん、それを上手に使うことも大切ですが、実際に、見たり触ったり、味わって感じたことや、その時一緒に過ごした人のことが、子どもの記憶に、そして心にしっかりと刻まれていくのだと思います。
 
 どこかで聞いたフレーズですが、特別なことでなくても、毎日がスペシャルなのかもしれません。      
 きれいな秋や空気の澄んだ秋、美味しい秋など、いろんな秋を楽しんでくださいね。
未分類】 | top↑
11月の開室予定
サロン 6日(水) 21日(木) 10:30~11:30

個人相談 12日(火) 19日(火) 26日(火) 10:00~11:30
未分類】 | top↑
み~つけた!
◇教わりながら・・・

 園バスからどんぐりを持って降りてきたAくん。「あのね、もうすぐ秋が来るんだって。ママが言ってたよ!」
 Nちゃんは、友だちにこう教わったそうです。「早く走るには、手と足をいっぱい動かした方がいいんだって。」 
 
 なるほど、子どもは、身近な人にいろんなことを教わりながら、新しいことを知ったり、何かに挑戦したりしているのだなぁと改めて感じました。
 そんな子どもたちは、「てんとうむしぐみ(親子見学会に来る未就園児)に教えてあげる!」と大きな声で歌を歌ったり、転んでも、また立ち上がって走るたくましい姿を見せています。「教えてあげたい」「素敵なところを見てもらいたい」そんな気持ちも、成長につながっているのでしょう。
 
 「ようこ先生、間違えても、もう一回大きな声で話せばいいんだよ。」と子どもたちに教えてもらいました。私もまだまだ成長中、ですね。
未分類】 | top↑
| ホーム |次ページ