FC2ブログ
プロフィール

穴川花園幼稚園

Author:穴川花園幼稚園
おやおや相談室ブログ

月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
3月3日『はじめのい~っぽ!』のお知らせ
おべんとうのお知らせHP

(パソコンでご覧になる方は、手紙をクリックすると大きく表示されます。)
未分類】 | top↑
み~つけた!
◇「自慢したいことがあるみたい!」

 プールに出かけて帰ってきた子どもたちを出迎えていると、女の子たちが言いました。
「ようこ先生、Rくんが“自慢したいこと”があるみたいだから聞いてあげて。」
 ちょっぴりプールが苦手なRくん。それでも休まず臨んだのですが、どうやら指導の途中で泣いてしまったそうです。「でも、ずっとは泣かなかったよ。」
 照れくさいのか言葉は少なかったけれど、苦手なことに挑戦したこと、それを友だちに分かってもらえていることが、Rくんの自信になったのだろうなと思いました。
 そして、友だちが頑張っていることに気づき、それを喜び、認めてあげられる子たちに成長したことが嬉しくなりました。
 こうして、子どもたちが、たくさんの人と関わり、いろんな体験を通して成長している姿を【ホッとな会2】でもお知らせしたいと思います。どうぞお楽しみに  
未分類】 | top↑
2月の開室予定
サロン 6(木) 19(水) 10:30~11:30

個人相談 4(火) 7(金) 10(月) 10:00~11:30
〈園の個人面談に合わせて、相談日を設けました。ご希望の方は、園までご連絡ください。〉

『ホッとな会2』 10:30~12:00 【年少】13(木) 【年中】26(水)
〈在園生保護者が対象になります。〉
未分類】 | top↑
み~つけた!
◇子どもは 知っている

 「お友だちとたくさんあそぶ」 
 「けんかをしない」
 「泣かないでお話する」
 「ごはんをいっぱい食べる」
 「なるべく怒られないようにする」
 子どもたちは、年末にののさまにお参りしながら、こんなことを誓っていました。

 子どもは、自分の苦手なことや出来ないことが分かっているんだな、と思うことがたくさんあります。年齢が小さい子でも、自分がやってみたい事や、なりたい姿がなんとなく見えているように感じます。
 どうなりたいかは、子どもが決める。ならば大人は、いざという時にそのサポートをしてあげれば良いのですね。つい言葉で誘導したり、待ちきれずに手を出してしまう自分を反省した年末でした。
 
 さて、2020年が始まります。東京オリンピックのような大きなことから、身のまわりで起こることなど、様々なできごとが、子どもたちを成長させてくれることでしょう。お子さんが、自分で選び、歩んでいく姿を、親子で楽しめる一年でありますようにお祈り申し上げます。 
未分類】 | top↑
1月の開室予定
 あけまして おめでとうございます

【1月の予定】
サロン  14(火) 23(木) 10:30~11:30

個人相談  21(火) 10:00~11:30 ※要予約

『はじめのい~っぽ!』(入園準備サロン)  16(木) 10:30~11:30 ※令和2年度入園親子対象 

『小学校へ行こう!』(年長ホッとな会・特別編)  30(木) 10:30~12:00 ※詳細は後日お知らせいたします。
未分類】 | top↑
1月16日 『はじめのい~っぽ!』は・・・
 『おいすにすわって、できるかな?』を目標に、絵画活動を予定しています。
 お子さんが使っているクレヨンがある方は、当日お持ちください。
(「家にないわ~」という方には、幼稚園のを貸し出します)
未分類】 | top↑
み~つけた!
◇世界は続くよ どこまでも

 年少組の男の子たちが二人で話をしていました。どうやらお手紙が届いた設定で、読みあっていたようです。

 「○くんからおてがみがとどいたよ。『おやすみしてるけど、げんきになったらいくね。ばいばい。』」
 「○○せんせいからおてがみがとどいたよ。『あしたもあそぼうね。ばいばい。』」
 そして、なんとショベルカーからも届きました。「『おやま、こわしちゃってごめんね。なおしとくからね。ばいばい。』」
 

 そのやり取りに、感心してしまいました。体験したことや見聞きしている現実の世界と、想像を膨らませて思い描いた空想の世界を、上手に行き来しているのですね。
 こんな風に、お子さんのつぶやきに、そっと耳を傾けてみると、案外いろんなことを知っていたり、友だちや遊びが広がっていたり、好きなことや苦手なことが分かったりするかもしれません。どんな世界が広がっているのか、わくわくしますね。
未分類】 | top↑
| ホーム |次ページ